問題発生なら税理士を呼べ!【法律問題のプロ大集合】

弁護士

明確でない理由で

男性

会社で働く際には、会社との雇用契約が結ばれることが条件としてあります。雇用契約が結ばれていなかったら会社では働くことはできません。会社との契約がしっかりとしていれば、社会保険も適用されることがありますし、社会の一員として働くことができるのです。また、会社を何らかの理由で自主退職する際には、契約に基づいて退職する必要があります。そのため、会社は原則的には勝手に従業員を解雇することはできないのです。解雇の際にはそれなりの理由があって初めて従業員の解雇ができるのです。しかし、最近では不当解雇があります。不当解雇されるときには、最近会社に居づらくなってきているということが多くあります。また、権限も無いのに上司から辞めさせるように言われていることもあります。その他にも、退職合意書というものにサインさせられそうになることもあります。さらには、会社から一方的に雇用契約を無視して解雇させられたというケースもあります。こういった際には、不当解雇の可能性があります。しかし、不当解雇は解決できる問題です。解決方法は弁護士に相談することで可能になります。不当解雇を専門にしている弁護士事務所があります。また、不当解雇を解決できる弁護士事務所に相談する際には、長年の不当解雇の問題解決の実績や、裁判所から信頼があるところを選ぶと良いでしょう。また、弁護士に相談することで、会社との交渉が有利的なものにできるのです。