問題発生なら税理士を呼べ!【法律問題のプロ大集合】

弁護士

個人事業所を成功させる

女性

会社設立を工夫する事で得られること

個人で仕事をしていると、売り上げから全部の経費や仕入れを引いて、出てきた利益に対して税金がかかってきます。例えば売り上げが2000万で経費が1000万だと、その1000万の利益に税金がかかってきます。これが会社設立をすると、会社の売り上げが2000万、会社の経費が1000万、ここでよく言われるのが、会社に残しておくと法人税がかかってきますので、社長の給与にしようという事にします。 このように残りの全てを社長の給与にするなどの工夫をする事で、会社の利益は0円になります。ですので法人税がほとんどかからなくなります。そして会社から社長自身に給料を払えるので、社長個人に給与が1000万という状態になります。個人の場合は利益が1000万、それが会社設立によって、社長の給与が1000万という状態に変わります。そうすると会社員をしていると、例えばスーツを買っても、クリーニングにだしても経費にはなりません。ですので、国が変わりに給与を貰っている人には。経費を一定の率で引かせてあげようという制度があります。1000万だと220万ひく事が出来ますので。残りの780万に税金がかかる事になります。

現在の取り組みでの税金対策

個人で商売をしていた時の税金を少しでも少なくする為に現在の取り組みでは会社設立をする方が増えています。例えば個人で1000万の利益に対して、会社設立の場合は給与などの支払い方法によって、同じ1000万円の利益を780万まで下げる事が出来ます。 780万ぐらいであると、所得税が20〜30パーセントになります。それに住民税が10パーセントかかるとしても、個人経営の1000万に対して会社設立では220万下がって、所得税や住民税の60万ぐらいが更に安くなります。会社設立にする事で、給与から一定の額が引く事が出来るのでかなり得になります。他には会社設立にする事で消費税も支払いが安くなるので、現在ではこのように会社設立をして税金の対策を考える人が多くいます。