問題発生なら税理士を呼べ!【法律問題のプロ大集合】

弁護士

専門家の存在

裁判

相続問題に対応してくださる人々

今年の1月1日より相続税の増税が始まりました。これに伴い相続に関心をもつ人が多くなりました。本屋さんに行けば相続に関する本がたくさん並んでいたりします。相続に関して困ったことがある場合迷わず専門家に相談すべきだと思います。ただ、専門家の数は多いです。どのような専門家がいるのかといいますと税理士、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、行政書士などが挙げられます。そして相続の問題は税金の問題だけではなく、心の問題というケースもあります。なので、専門家の人が来たからといってすぐに解決する問題ではないです。 ただ、相続の場合はまず、税理士の先生に相談するのが一番かと思われます。その理由をこれから説明したいと思います。

なぜ税理士の先生を探さないといけないのか

なぜ、税理士の先生を探さなければならないかというと、相続ではまず税金の問題がどうしても生じてきてしまうのです。基礎控除額の範囲内でしたら、税金はかからないのですが、相続税の計算はとても難しく、専門家でさえも間違えてしまう場合があるのです。専門家でさえも間違えるので素人はまったくわからない場合が多いです。だから、相続に詳しい先生が人気になっているのです。 そして、税理士の先生は、司法書士や弁護士などの先生とネットワークを結んでいる場合も多いので、とりあえず税理士に相談しておきましょう。相続に精通している先生は大抵忙しい場合が多いですので、早めにみつけておきましょう。 それと、これは生前にやっておくべきことなのですが、家族の皆さんで話し合いの場をもつことが大事だと思います。家族内でいろいろ相談しわだかまりを解くことが、死後、遺産争いにならないコツなのです。